デトロイト ロボコップ

ロボコップ デトロイト

Add: muducap74 - Date: 2020-11-18 14:41:51 - Views: 142 - Clicks: 3520
/106721/87 /35019/93 /382759aa8f7 /79136523

ロボコップ3 (原題 RoboCop 3) †. 。 今回のロボコップはタイトルからわかるように3作目となっています。 同僚役のナンシー・アレンや、署長役のロバート・ドクィなど出演者は1作目&2作目と変わりありません。 しかし、なんと主役のマーフィ役であった”ピーター・ウェラー”が出演しておらず、代わりに”ロバート・ジョン・バーク”が代役をしています。 その理由としては「同時期に映画【裸のランチ】という別の映画出演の為スケジュールが合わず主役交代になった」とのこと。 まあ、確かにロボコップはほとんど頭に金属つけて顔見えないですししね. See full list on 721st. See full list on dic. ロボコップ:ピーター・ウェラー(谷口節) デトロイト警察に勤める警察官であったが、犯罪に巻き込まれ殉職してしまう。前作「ロボコップ」にて、オムニ社によりロボコップとしてよみがえることに成功。. -HYPER GIRLS POP-』など、『ロボコップ』とは関係の無い作品にも登場している。 なお、3作目のオート9の発砲シーンでは、諸般の事情から92Fをベースに製作されたプロップガンが使われており、銃の構造の関係から3点バーストは再現されておらず、フルオートとなっていた。このため劇中、92F同様のスライド部のセレクターが窺える。この92Fベースのオート9は、のちに映画『シン・シティ』でブルース・ウィリス演じるハーティガンが殺し屋から奪って使用する銃として、チョイ役ながら登場している。. アレックス・マーフィ(ロボコップ) デトロイトの警察に赴任した警察官。治安が悪すぎて殉職率が極めて高いデトロイト地区での事件の検挙率が高いなど有能な警官であったが凶悪犯のクラレンス一味を追いかけた事件で反撃にあい、殉職してしまう。. 演:トム・ヌーナン/吹き替え:千田光男他 麻薬密売組織『ヌーク教団』の”教祖” 新種の麻薬『ヌーク』の元締めと同時に重度の麻薬依存症で、カルト的な支配欲に酔い痴れる自己陶酔な一面を持つ。一度は単身アジトに乗り込んだロボコップを返り討ちにするも、今度は反撃に遭いトラックで逃走したものの、バイクに乗ったロボコップが運転席めがけてダイブして横転、瀕死の重傷を負った。病院に運ばれた彼を待っていたのはファックス博士。彼女曰く「反社会的、自らを神に近いものと妄想を抱いている、救いがたい麻薬患者」としてロボコップ2号機の素体を提供する犯罪者にケインが選ばれたのである。直後、ファックスに生命維持装置を切られ死に追いやられたケインは脊髄と脳と目を摘出、移植された。 その後の動向はロボコップ2号機の項参照。.

デトロイト ロボコップ · デトロイトが破綻?まるでロボコップのデトロイト市 >(続き. ※映画を見ようとしている人はご注意ください。 都市再開発計画を進めていたオムニ社は、街に住む邪魔な住民を排除しようとしていた。 雇われた私設の特殊部隊リハッブは好き勝手に住民を追い出そうとする。 そのため一部の住民たちが団結し、警察倉庫から武器を盗む。その住民の中には、両親と離れたニコという少女もいた。 市民の安全を守りたいロボコップだが、「オムニ社には逆らってはいけない」というプログラムがあり思う通りに動けない。 そんな中、市民を守ろうとしていたアン・ルイス巡査がリハッブの司令官”マグダゲット”に殺されてしまう。 ロボコップも損傷してしまうが、住民たちによって助けられる。 一方オムニ社を買収した日本の企業「カネミツ・コーポレーション」の圧力によりオムニ社の社員の自殺が多発。 そしてカネミツ・コーポレーションはロボコップに対抗するためのアンドロイドを開発していた。 ロボコップを修理するために合流したマリー・ラザラス博士。ロボコップは修理したが、同時に住民たちの隠れ家が襲われてしまう。 マグダゲットは、デトロイト警察に住民の強制退去をさせようとするが、署長を始めとする警察官達はこれを拒否。警察官の証であるバッジを捨てて去ってしまう。 そのためマグダゲットは、ギャング達に武器を持たせ兵力を高める。 市民反乱軍のためにデトロイト警察官達は協力し、リハッブとギャングの連合軍に立ち向かう。 その頃、ロボコップの前にカネミツのアンドロイド現れ、ロボコップに襲い掛かる。しかしロボコップはそれを撃破! リハッブの攻撃に窮地だった市民達だったが、フライトパーツを装着したロボコップが助ける。 その後オムニ社でさらに2体のアンドロイドに襲われるが、ニコと協力しそれを撃破。さらに敵の爆弾でマグダゲットを殺し、街を救う。 最後はオムニ社のCEOに「マーフィ」声をかけられるが、『友達は“マーフィー”と呼ぶ。君達は“ロボコップ”と呼ぶ。』と言い放つ。. 近未来のデトロイトの犯罪が多発するスラム街で、1人の警官が殉職する。彼はサイボーグとして再生され、犯罪撲滅のため街へと送り出された。しかしロボコップは、かつての自分を映し出す夢や蘇る記憶の断片にとりつかれていた。彼が過去を知った時、警察高官による殺人の陰謀が明らか. 頭脳として使われているのは、デトロイトで「ヌーク」という麻薬を売りさばいていた密売組織の元締めで、ロボコップとの戦いで重傷を負った凶悪犯罪者・ケインから摘出された脳である。 余談だがこの麻薬、放射能を含有する設定と「Nuke(=Nuclearの略称)」の名が示す通り、小説版では核廃棄物が原料とされている。 治安を守るべきロボコップの頭脳に犯罪者のそれを使った理由は、オムニ社の女性心理学者ジュリエット・ファックスの提案による。 ファックスは 1. 演:ミゲル・フェラー/吹き替え:富山敬他 オムニ社重役。 『ロボコップ計画』を進める中心人物。先述のED-209による不慮の事故でショックに打ちひしがれるジョーンズを尻目に会長からのお墨付きを得たことで一気に開発を進めるが、家で美女二人と“白い粉”(?)を吸っていたところをクラレンスに襲われ両足を撃たれる。そしてディスクから映し出されたジョーンズの口から「お別れだ。モートン、地獄へ墜ちろ!」という処刑宣告の直後、クラレンスがテーブルの上に置いた時限式の手榴弾が爆破、死亡した。. 「199x年、ここオールドデトロイトは犯罪 のそうくつと化していた。」 <ロボコップ(ac)-プロローグ1> 「ふ任早々のマーフィも そのギセイになった。」 「だが彼は“ロボコップ”と してよみがえったのだった。 「ゆけロボコップ!町の治安と平和を. 社内紛争の副社長側【ed209】vs若手野心家側【ロボコップ】、副社長は残虐なデトロイトのギャング団とも裏で手を結ぶ。 悲しい運命を背負い、正義の為に戦うクラッシックな設定は、一連の【石ノ森ヒーロー】(仮面ライダー、キカイダー、ロボット刑事.

デトロイトのことは良く知らない。行ったことも無いし。 「自動車産業の街」「五大湖の傍にある大都市」というイメージ。 そう言えば、80年代にヒットした映画「ロボコップ」の舞台はデトロイトだった。. なんにしても、非常にロボコップらしくないロボコップでしたね。。. ロボコップ2 (原題 RoboCop 2) †. テニス846; 買取委託説明; 問合/査定/注文. 【公開】 1987年(アメリカ) 【原題】 Robocop 【監督】 ポール・バーホーベン 【キャスト】 ピーター・ウェラー、ナンシー・アレン、ロニー・コックス、カートウッド・スミス、ダン・オハーリー、ミゲル・フェラー、ロバート・ドクィ、フェルトン・ペリー、レイ・ワイズ、ポール・マクレーン、ジェシー・D・ゴーインズ、デル・ザモラ、カルビン・ファン、リック・リーバーマン、リー・デ・ブロー、マーク・カールトン、エドワード・エドワーズ、マイケル・グレゴリー 【作品概要】 『ルトガー・ハウアー/危険な愛』(1973)で第46回アカデミー外国語映画賞にノミネートされるなどの実績があったオランダ人監督ポール・バーホーベンが監督したSFアクション映画。 エドワード・ニューマイヤーとマイケル・マイナーの手による見事な脚本や、バーホーベンの巧みな手腕により低予算ながら凄まじいメガヒットを記録。第60回アカデミー賞(1988年)編集賞、音響賞にもノミネートされた作品。. ロボコップ (原題 RoboCop) †.

デトロイト市の私有化を目論むオムニ社だが、市の借金を肩代わりしようとする者(実はケインの麻薬組織の残党)が現れた。これでは借金返済不可能を理由に市の財産を没収することが出来なくなってしまう。オールドマン会長はファックスの提案に乗り、ロボコップ2号機を市長とその協力者の抹殺に向かわせる。 市の借金を肩代わりする代わりにヌークの黙認を迫る残党・ホブは「ケインが殺された今、自分達の時代が来た」と喜んでいたが、ロボコップ2号機によってそれも束の間の夢に終わった。 かつてのケインの愛人・アンジーも頭部のディスプレイに映し出されたケインの画像を見て彼の帰還を喜んだ直後、案の定情け容赦なく殺されてしまう。 オールドマンがデトロイトの再開発によるデルタシティ造成とロボコップ2号機生産ライン誘致を高らかに宣言したデモンストレーションにて、ヌークの枯渇とロボコップへの復讐心からお約束通り暴走。自分を操るリモコンを奪い、制御不能の殺人マシーンと化してしまう。 この時、麻薬組織の残党狩りの後に武装解除させておかなかったため(つまり、テストの後のまま弾を入れっぱなし)、自らリモコンを操作して装備した重火器の安全装置を解除し記者や警察官達を無差別に虐殺した。 ロボコップとの再戦は熾烈を極めたが、最期は中枢ユニットから引きずり出されたケインの脳髄を路上に叩きつけられ機能を停止する。. ロボコップ プライム・ディレクティヴ (原題 RoboCop: Prime Directives) †. 「デトロイトは未来に置き去りにされた」――米デトロイト市を舞台にしたSF映画「ロボコップ」の台本の最初のページに.

機械の肉体を受け容れるのは警官よりも、むしろ力に憧れる犯罪者 2. . デトロイト ロボコップ Dead or alive, you&39;re coming with me.

その中から、今回は『ロボコップ』(1987年)でカートウッド・スミスが演じた悪役を紹介したい。 映画の舞台は近未来のデトロイト。 街は治安が悪く、警察は民間企業オムニ社に運営されている。. ロボコップ(1987)の映画情報。評価レビュー 680件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:ピーター・ウェラー 他。 近未来のデトロイト。犯罪の多発するこの地域では、警察の経営が民間の巨大企業オムニ社に委ねられていた。. デトロイトロボコップ市? 主筆: Emily Wilcox, 経験を持つゴシップ 電子メール ロボコップは、実際には彼の実生活とは違って、金属製で、実際に人を逮捕することができるという点を除いて、元のプラスチック警察官だった。. この大失態で、オムニ社は全責任をファックスに擦り付けて切り捨てるが時すでに遅し。 オムニ社の株価も評判もガタ落ちになり、続編『ロボコップ3』で日系企業「カネミツ」に身売りするハメになってしまった。 デトロイト ロボコップ ED209という前例があったにもかかわらず同じ失敗を繰り返し、さらに被害を拡大させてしまったのだから当然の末路と言えるだろう。こんな危機管理能力で何故デトロイトを支配できる会社になったのか、実に興味深いものである。 いや、正確にはオムニ社が頑張っていたのではなく、治安維持に奔走していたデトロイト市警察(作中ではオムニ社の子会社にされてしまっていた)による功績が大きいのかもしれない。なにせ、イチ警察官がフルオートのアサルトライフルだのを平然と持ち出してくるのだから。デトロイト市警察が一種の警察軍と化していたのは間違いないだろう。 第1作『ロボコップ』では汎用機関銃であるM60を携行する警官もいたくらいで、『ロボコップ2』に至っては町の銃砲店でさえロケットランチャーだのフルオート射撃の出来るバトルライフルだの、アメリカの連邦法でさえ販売を禁止している品目を置くほどに治安が悪化していた。もはや治安云々を通り越して内戦状態になっていたとも考えられるため、警察の重武装化は止むを得ないとも思える。 その中でのデトロイト乗っ取り計画である。一体こんな状況から何を得ようとしたのか、せいぜい新しい兵器の実験場になるくらいで採算の取れる計画ではないような気もする。いずれにしてもまともな危機管理ができない会社は潰れてしまった方が社会のためだろう。 ケインことロボコップ2号機は自身の体と多数の人々の流血を以て、その教訓を残したと言える。.

・ストーリー 多国籍企業カネミツに買収された*3オムニ社は、オールドマン前会長の念願だったデルタ・シティ建設に着手。そのためにカネミツに雇われたポール・マクダゲット隊長率いる私設軍隊リハッブ隊は、立ち退き命令に従わない計画予定地の住民たちを暴力的な手段で次々と更生施設へと送り込む一方でメディアに圧力をかけその事実をもみ消していた。 その襲撃の際に両親とはぐれた少女・ニコは、レジスタンスを結成し抵抗活動を続けていたバーサ達によって助けられる。 凶暴なストリートギャング・SP(スプラッタパンクス)逮捕の帰りにニコと出会った事でそこの事を知ったロボコップはルイスと共に、施設からの脱走者達を逮捕しようとしたリハッブ隊に抵抗するも反撃にあい、ルイスは死亡。そしてロボコップも大ダメージを負ってしまう。 その後レジスタンスによって助けられたロボコップは、オムニ社を裏切ってレジスタンス側についたマリー・ラザラス博士によってオムニ社の支配から解放され、ルイスの仇を討つべくレジスタンスと共にリハッブ隊と戦うことを決意する。 その頃、計画の遅れに業を煮やしたカネミツによって派遣された最新鋭の忍者アンド. ポール・バーホーベンが母国オランダからハリウッドへと渡り、『グレート・ウォリアーズ/欲望の剣』(1985)に続いて発表されたのが本作『ロボコップ』です。 キャラクターとしての“ロボコップ”というものは、おそらく日本でも知らない人はいないというくらい高い知名度を誇っていると思います。 しかし、このポール・バーホーベンが描いた映画としての『ロボコップ』というものがどんなものであったかを正確に認識している人はそう多くはないでしょう。 この作品は単なるSFアクション映画ではないのです。バイオレンスと皮肉にまみれた世界観に加え、“人間”と“人間に似たもの”の境界で苦しむ一人の刑事の悲哀に満ちた作品なのです。では、順を追って見ていきましょう。 同時代のSFアクションもの(例えば『ターミネーター』など)と比べてもそのグロテスクな残虐性は際立っており、どちらかというとジョージ・ミラー監督の『マッド・マックス』(1979)や、デヴィッド・クローネンバーグ監督の『ザ・フライ』(1986)の世界観に近いでしょうか。国によっては、公開時に一部をカットせざるを得ないような事態になったほど強烈な暴力描写が非常に多いのが特徴です。 また、随所に散りばめられたTVコマーシャルによる痛烈な皮肉が込められた演出は、ポール・バーホーベンの持ち味ともいうべきもの。後の『トータル・リコール』(1990)や『スターシップ・トゥルーパーズ』(1997)でも見られるように、こういった広告媒体は彼の作品では欠かせないアイテムなのです。. デトロイト・テクノ; ロボコップ - 財政破綻して私企業に支配された近未来のデトロイトを舞台に、殉職した警官から作られた同名の警官ロボによる活躍を描き、シリーズ3作品制作後にテレビシリーズやアニメやアメコミや、リメイクかつリブート 版も製作. . See full list on cinemarche. ロボコップのせいでデトロイトのイメージ最悪なんだが: 番組の途中ですがアフィサイトへの&92;(^o^)/です (ワッチョイ 7deb-rO3y) :/01/24(日) 14:49:10.

演:ロニー・コックス/吹き替え:中村正他 オムニ社重役(副社長)。 ED-209開発の中心人物でその性能をしきりにアピールするも、識別エラーから起こった不慮の事故で大きく失墜、ライバルのモートンにプライドを傷つけられた報復としてクラレンスにモートンを抹殺させて主導権を奪った。その後自分を逮捕しようしたロボコップを第四指令のプログラムとED-209で苦しめて一度は退けるも、再びオムニ社へ乗り込んだロボコップが「モートンはミスを犯したので私が始末した。今度はミスそのものを消去する!」モートン抹殺の経緯を語るジョーンズのビデオ映像を首脳陣に見せた直後、会長を人質にして逃走を図るが「ジョーンズ!お前はクビだぁ!」と叫ぶ会長の声でプログラムの対象から削除され、その場で射殺された。. 演:カートウッド・スミス/吹き替え:田中信夫他 31名の警官殺害容疑で指名手配中の凶悪犯一味のリーダー。 追跡の末、アジトに潜入したマーフィー巡査を一斉射撃で惨殺。マーフィーがロボコップとして蘇生した原因を作り上げた張本人で、先述の警官31名殺害はもとより追跡から逃れるために負傷した仲間を突き落とすなどその冷酷非道ぶりにマーフィーの口から「最低のクズ野郎」と言わしめた。モートン殺害の後、麻薬取引の最中でロボコップに逮捕されるが黒幕であるジョーンズの計らいで釈放される。莫大な報酬と引き換えにジョーンズからロボコップ破壊を命じられ、廃材を積んだクレーンの下にロボコップを誘き寄せて動きを封じ「サヨナラ、ロボコップ!」と叫び、鉄杭で止めを刺そうとするが、手の甲に内蔵されていたスパイクで喉元を切り裂かれそのまま息絶えた。. 武装面でも初代ロボコップを圧倒しており、高速ミニガンや機関砲、小型ロケット砲の他、救助装備としても格闘兵器としても利用可能なパンチングアーム、ハサミ、バーナー、プラズマトーチなどを装備し、暗所では投光器を用いる。 警察用途よりもED209と同様に軍事転用を目指しての重装備である可能性も高い。 これらに加え、高所からの落下やガス爆発をものともしない強固な装甲フレーム、初代ロボコップはおろか装甲車すら持ち上げる強力なパワーを有する。 また、脚部ユニットには可動式のダガーナイフ状の爪が装備されており、地面に突き刺すことで転倒時なども素早い復帰が可能。壁面をよじ登る際にも用いられる。 外装は「暴走した段階ではほとんど装備されていない状況だった」ともされているが、それでも警察のあらゆる攻撃、果ては装甲車の衝突にもびくともしないなど、初代から続くオムニ社特有の重防御主義が顕われた機体でもあった。. 当時は画期的な映画として、人気になったロボコップ(RoboCop)。1987年に公開されたアメリカ映画で、シリーズ化され3まであり、年にはリメイクもされました。 舞台はアメリカのデトロイト。. ” (やってみろ。殺してでもしょっ引いてくぞ) 中盤でも飛び出し、ロボコップが自分の過去を知るきっかけとなるセリフ。 『プライム・ディレクティヴ』にも同様のセリフが出てくる。.

:ロボコップは、デトロイトでホームレスと共に、カネミツ・コーポレーションに買収されたオムニ社、そして忍者に、最後の戦いを挑む! 感想:第50回記念作品がこれ。『ロボコップ3』 Yahoo映画の評価は、27件の平均2. 中古ラケット・テニス用品買取・ラケット委託販売 telfax. 生き返らせてしまう。 ロボコップは次々と事件を解決してゆくが、 あるきっかけで彼の記憶が蘇ってくる。. 発狂して暴れた挙句、自らを破壊(自殺)する 2.

全作通じてロボコップ=マーフィはデトロイト市民や警官仲間に愛されているんですよね。 NY市民に愛されるスパイディのように。 そういうシーンを見るとなぜかこっちまで嬉しくなるんです。. ロボコップは、デトロイトの治安維持に多大なる影響を与える。 開発者のボブは、ロボコップの成功により重役にのし上がった。 ジョーンズ副社長を時代遅れの老いぼれだ、と公然に批判する様になる。. 第1作。序盤のクラレンスのアジト、マーフィーがエミールを追いつめて; “Go ahead and do it. ・ストーリー ロボコップ誕生から10年。オムニ社管理の下、『世界でもっとも安全な町』へと変貌を遂げたデルタ・シティ。しかし、その影で腐敗は進行していた。野心あふれる二人のオムニ幹部、ダミアン・ロウとサラ・ケーブルの強引な権力闘争、そしてかつてオムニを追われたマッドサイエンティスト・ケイディックの復讐劇が、オムニとデルタ・シティを破滅へと導いていく。 その混乱と闘争の渦に、10年間町の治安を守り続けたロボコップ―――アレックス・マーフィーと、成長し、今やオムニ幹部へと出世した息子ジェームズ・マーフィーも巻き込まれていく。そして、邪魔者となったロボコップを抹殺すべく送り込まれたのは、マーフィーのかつての同僚、ジョン・ケーブルを改造した新型ロボコップだった―――。 ・作品解説 前作から10年後という設定で新たに制作されたTVシリーズ(90分枠・全4話)。 おなじみ低俗路線丸出しのCMシーンなどは引き継がれているものの、全体的には巨大企業やテクノロジー、そして『人間』の暴走を描いたシリアスな内容。改造前のマーフィーを描く回想シーンもあり、ちょっとした刑事ドラマ的な迫力である。前のTVシリ. )のような様相(財政破綻、廃墟化が進行、警察署が廃墟に)を呈していることについて映画カテのみなさん、どう思いますか?. 『ロボコップ』は、年に公開された米国のsf、アクション映画。 1987年に公開されて低予算ながら映画史に名を残した『ロボコップ』のリメイク、且つリブート作品。. オート9 (Auto 9) †. 強靭な生存欲求から、肉体を失ってなお正気を保てる 3.

麻薬中毒者であれば褒賞が麻薬で済み、単純で制御し易く従順である 1. 『ロボコップ』はその後シリーズ化され、1990年に『ロボコップ2』、1993年には『ロボコップ3』が公開されましたが、いずれもポール・バーホーベンが関与していないこともあってか、お世辞にもあまり良いとはいえない仕上がりとなってしまいました。 それから20年ほどの時を経た年、ブラジル人監督ジョゼ・パジーリャの手によってリメイクかつリブート作品として復活を果たした『ロボコップ』。 スピード感とエネルギーに満ち溢れたスタイリッシュな犯罪アクション映画『エリート・スクワッド』()が第58回ベルリン映画祭で金熊賞を受賞するなど高い評価を得ているパジーリャ監督が新生ロボコップを一体どのように描いているのでしょうか? ポール・バーホーベン版『ロボコップ』と比較しながら鑑賞するのも、また一つの見方かもしれませんね。. 近未来のアメリカ、ミシガン州デトロイト。かつて自動車産業で栄えた姿など影も形もなく、警官殺しのクラレンス・ボディッカー率いる犯罪組織が蔓延る暗黒の街へと化していました。 この街に本社を置くオムニ・コンシューマー・プロダクツ社は警察運営すらも支配下に収めていた巨大企業。彼らは人員不足で悩む警官の待遇などお構いなしで、労働組合からの抗議など一切耳を貸しませんでした。 そんな時、この街に転任してきた一人の男マーフィ巡査がデトロイト警察の西分署を訪れます。リード巡査部長に迎えられ、この街を生き抜く厳しさを伝えられた後、彼とコンビを組む女性巡査ルイスと早速パトロールへと出掛けることに。 一方オムニ社で開かれた会議では、副社長のジョーンズが新型警察用ロボットED-209をお披露目していました。しかし、未完成にも関わらずジョーンズの独断によって発表されてしまったために故障を起こし、重役の一人を誤って殺してしまいます。 失望の色を隠せないオムニ社会長。副社長のジョーンズの出世を阻もうという野心の持ち主であった若い重役のモートンは、ここぞとばかりに彼自らが開発を指揮していた“ロボコップ(サイボーグ警官)・プロジェクト”を進言し、会長からの承認を受けました。 その頃、パトロールをしていたマーフィとルイスの下へ強盗事件発生の一報が入ります。犯人はクラレンス一味。カーチェイスの末の銃撃戦となり、一旦は逃げられたもの、再び工場跡地で発見しました。 無謀にも応援を待たず、二手に分かれて突入した二人。袋小路に陥り、囲まれてしまったマーフィ。クラレンスたちは容赦なく彼を撃ち抜きました。何発も何発も彼の身体を銃弾が貫いていったのです。 ルイスが駆け付けた時、かろうじてまだ息が合ったものの瀕死の状態だったマーフィ。すぐさま病院に運ばれるも、すでに手遅れでした。 “候補者”を探していたモートンはマーフィを格好の材料として利用し、かくして誕生したサイボーグ警官“ロボコップ”。マーフィとしての記憶や感情は全て消去され、機械として生まれ変わったのです。 早速西分署へと配属されたロボコップは、搭載されたプログラムと攻撃動作のチェックを行いました。射撃練習場で披露した専用銃「オート9」の圧倒的な破壊力に感心する署員をよそに、ルイスは別な角度から注目していました。 生前のマーフィが見せていた西部劇のガンマンの. 演:ウィラード・E・ピュー/吹き替え:江原正士他 3700万ドルの負債を抱えるデトロイトの市長。 デトロイトを掌中に収めようとするオムニ社のやり口を痛烈に非難する一方、オムニ社には3700万ドルにのぼる債務=借金をしていた。そんな中、市長がMCを勤めるチャリティー番組に一本の電話が入る。それは市の借金を全額キャッシュで支払うというもので、そう名乗り出た彼等は条件としてヌークの売買並び黙認を要求してきた。実は彼等こそボブ率いるヌーク教団の残党だったのである。この全額返済交渉を懸念したオムニ社はロボコップ2号機を送り込み、市長らの抹殺を図る。案の定ヌーク教団残党や市関係者は全員殺害され、市長は見つかった直後マンホールから海に落ち、命からがら脱出したのだった。. えッ? お前は何がしたいのか、と。 というかロボコップは遅いので、あんだけ動けて腕を切り落とすぐらいの刀さばきだったら、圧勝しておかしくないと思うんですよ。 それが結局3人とも敗れ、しまいにはそのうち2人は同士討ちって. 開発の際、ファックスに生命維持装置を切られ人間として死亡したことから、ファックスのことも激しく恨んでいた。 1.

See full デトロイト ロボコップ list on mgdb. デトロイト ロボコップ デトロイト ロボコップ ロボコップ2 激怒するデトロイト市長 エンターテイメント ロボコップ2 激怒するデトロイト市長.

デトロイト ロボコップ

email: nojew@gmail.com - phone:(601) 467-3216 x 1188

川原 和久 半沢 直樹 -

-> Wack オーディション 名前
-> ミナミ の 帝王 動画 フル

デトロイト ロボコップ - サムライ


Sitemap 1

アリーチェ ロルヴァケル - スピード ワイルド